松之山ダイニングはおかげさまで好評につき満席となりました。お申込みありがとうございました。

松之山DNAを持った2人の奇才が夢の饗宴

ZEKKEI JAPANにも選ばれた美人林に一夜限りの野外レストラン“松之山ダイニング”が出現します。そこで饗されるディナーは、TAKAZAWAの高澤シェフとSignifiant Signifieの志賀シェフのコラボレーション。
実はおふたりともふるさとが松之山で、幼少期の遊び場は松之山郷の山や川でした。現在も松之山との縁を深めながら、さまざまな面で支援いただいています。そして昨年、函館で開かれた世界料理学会でおふたりとお会いしたことがきっかけで、この“松之山ダイニング”が生まれました。松之山を深く知り、そして強い郷愁を抱く2人だからこそ表現できる特別なディナーをぜひご堪能ください。
舞台となる美人林は、その美しい立ち姿で知られています。今回は、その美人林をライトアップすることで、より一層幻想的な野外ダイニングをお楽しみいただきます。また周囲はホタルが生息するほどにきれいな環境で、松之山ダイニングの開かれる頃は、ちょうど見頃でもありますのでホタルを鑑賞するツアーもご用意しました。

早春の美人林

 松之山ダイニング in 美人林 Contents

松之山郷の野山を駆け回った2人の奇才が、郷土の食文化を掘り下げ、堀り上げ、地域の旬な素材と伝統的な保存・醗酵の手法を駆使して自らのルーツを表現いたします。
TAKAZAWAのお皿にSignnifiant Signifieのパンをそれぞれペアリングしながら、お飲物は自慢の魚沼の地酒「松の井・英保」「高の井・伊乎乃」「八海山・あわ」、ワインは「フェルミエ」「カーブドッチ」「岩の原」と、にいがたテロワールをお楽しみいただきます。

■期日:2017年7月8日(土) 18:00-21:00

■募集人数:25名

■荒天時:大雨等の場合は併設の「森の学校キョロロ」里山レストランに会場移動予定です。

■服装:夜の屋外でのお食事となります、長袖のアウターをご用意くださいませ。尚、ブナ林の中でのお席ですのでハイヒールはご遠慮くださいませ。虫除けの対策は施しますが、各自でもご準備いただくと安心です。

■行程:
7月8日(土)
①13:24越後湯沢駅~(ほくほく線ゆめぞら号利用・所要45分)~14:09まつだい駅~14:30送迎バス~14:45松之山温泉(宿)
②14:15越後湯沢駅西口~(宿手配送迎バス利用・所要60分)~15:15松之山温泉
17:40宿出発~18:00美人林ディナー、ホタル鑑賞終了21:00~21:10宿泊旅館

7月9日(日)
①松之山温泉(宿)~まつだい駅バス 9:30発/10:20発/11:00発
②エキスカーション
大地の芸術祭ガイド付ミニツアーと「松の井酒造所」+へぎそば「そばや清兵衛」10:00〜14:00〜越後湯沢駅15:00解散

ご予約

6月1日(木) 10:00~ 予約受付
※ご予約受付は2名様から承ります。1名様でのご予約は受け付けておりません。
※お子様同伴は原則12歳以上とさせていただきます。ご両親様と同じコースでのご提供となります。

■予約方法
メールのみでの受付となります。 info@manma.be にて
お名前、ご人数、ご住所、電話番号、アドレスを明記の上お申し込みください。
こちらから返信メールをお出しさせていただきます。(夜間は翌日対応となります)

■予約確定
こちらから振込用紙を送付させていただきますので、お振込みいただいた時点で予約成立です。

■御料金に含まれるもの
お飲物付ディナー、1泊朝食、エキスカーションツアー、昼食、バス送迎代金、サービス料諸税

■御料金

Aプラン(2名以上にて露天風呂付客室ご利用) お一人様 80,000円税込
Bプラン(2名様以上にて一般客室ご利用) お一人様 75,000円税込

※エキスカーションツアーに参加されない方は -4,000円(お一人様に付き)
※キャンセルポリシーに従いましてキャンセル料をご請求させていただきますのであらかじめご了承くださいませ。
7日前まで   0%
5~6日前   30%
3~4日前   50%
2~2日前   80%
当日~1日前  100%

—————————————————————————-

TAKAZAWA
高澤 義明
1976年 東京生まれ。

2005年、株式会社トゥジュール ヴェールを設立。同年、赤坂にARONIA DE TAKAZAWAをオープン。2007年から世界的権威のスペインの国際料理学会「Lo mejor de la Gastronomia」に日本代表として毎年招待をうけ、その後メキシコの国際料理学会にも招待を受ける。函館料理学会では立ち上げから参加、多くの海外トップシェフと日本をつなぐ役割を担う。海外のメディアにたびたび取り上げられ、アメリカFOOD&WINE MAGAZINEでは「人生を変える世界のトップレストラン10」のひとつに選ばれる。2012年、店名をTAKAZAWAに変えリニューアル。2013年には、第一回サンペレグリノASIA TOP 50に名を連ねる。

「日本の良き風土・人・食材、伝統的な世界を再構築してモダンに供する」というテーマのもと、ジャンルの枠にとらわれない自由な発想でオリジナリティーを追求し、器から食材に至るまで、新しい形で、日本の文化に通じる料理を提供している。

父親が松之山浦田、母親が旧東頸城の大島の出身で、松之山の野山は幼少期の遊び場。現在も松之山温泉が大のお気に入りで、毎月源泉150リットルを自宅に運び入れている(!)ほど。

—————————————————————————-

Signifiant Signifie
志賀 勝栄
1955年 十日町市松之山生まれ

カフェ・アルトファゴス〜パティスリー・ペルティエ〜フォートナム・アンド・メイソンのシェフ・ブーランジェを経て、2006年10月に「シニフィアン シニフィエ」(東京・世田谷区下馬)をオープン。

低温・長時間発酵による粉の旨みを引き出すパンづくりと、素材や製法への自由なアプローチ、独自の表現で知られる。素材や材料は、産地まで赴き、生産者とのつながりを大切にした姿勢を貫き、「医食同源」、「体に美味しいパン」を体現している。

松之山の、しかも美人林のすぐ近くの集落で生まれ、高校卒業まで松之山で育った志賀シェフにとって遊び場所でもあった美人林。そこで開催する“松之山ダイニング”には、ひときわ特別な思い入れがある。松之山温泉の代表的な体験プログラム「温泉ぐるぐるバゲット作り」の監修もしている。

—————————————————————————-

早春の美人林

美人林

ZEKKEI JAPANのアワード~プロカメラマンが絶賛する、世界に伝えたい日本の絶景~に選ばれた美人林は、樹齢約90年のブナ林。昭和初期に一度伐採されて裸山になった後、再び一斉に伸びたブナの木々は、すらりと美しい立ち姿から、いつしか「美人林」と呼ばれるようになった。ホタルも飛来するほどのきれいな環境で、今回のツアーの中でも、ホタル観賞ツアーが用意されている。
美人林のストーリーは「年間10万人が訪れる美人林はなぜ生まれたか」で紹介していますのでご覧ください。

—————————————————————————-

旅行企画実施:松之山温泉合同会社まんま
住所:新潟県十日町市松之山湯本49-1
電話番号:025-595-8588
メールアドレス: info@manma.be
リンクURL:http://manma.be/
松之山温泉ビジターセンター内(担当 中町)
旅行業登録免許番号:新潟県知事登録旅行業第3-349号
営業時間:9:00~17:00
休日:火・水曜日